システム開発事業部 ITエンジニア(日英翻訳、Ruby on Rails)

F.K

2019年6月中途入社

成果を出すことで、
自分自身のやりたいことが実現できる。

2019年6月、中途入社。

正社員勤務経験はシスナビが初でしたが、果敢にチャレンジする姿勢、壁が出てきても乗り越えようとする姿勢が好感触で入社頂きました。
JAVA研修を経て、テスターや軽微な業務から始めて、Ruby on Railsの開発保守案件に携わってもらっています。色々な事にチャレンジしたい意欲は伝わってくるので、しっかりサポートしていきながら後々の後輩サポートも期待しています!

会社とその人の関係について

・なぜこの会社に入社したのですか?

社長と社員の距離が近く風通しが良いと感じたからです。

・会社を知ったきっかけは何ですか?

indeedの求人を見て応募しました。

・入社の決め手となったポイントや出来事はありますか?

面接にて自分の将来像と真摯に向き合ってくださった点です。また会社の制度など社員で決めていく点が魅力的でした。

・入社前に不安はありましたか?

理系出身でも経験者でもなかったので不安はありました。

・実際に入社してみてどうでしたか?

未経験からでも活躍している社員を目の当たりして不安は解消されました。

・入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

社員と社長の距離が非常に近くて良い意味で期待を超えてきた点です。

・入社後、一番苦労したことはなんですか?

膨大な量のテストがあり、タスクをこなすのに精一杯でした。

・その苦労をどうやって乗り越えましたか?

他のタスクなどの取捨選択と業務に集中するために、緊急で入ったタスクをその場でこなして後回しにしないことです。

・会社の特徴は何だと思いますか?

風通しの良いところです。

・会社の好きなところはどこですか?

社員の要望や問題に上司とともにに向き合って前に進めていくことです。

・会社の課題だと感じていることは何ですか?

他の現場で働いている知見を社内のノウハウとして、共有があまり出来ていないです。

・この会社をどうしていきたいですか?

システムエンジニアリングだけでなく、社内独自のサービスを持てるようにできればと考えています。

仕事・業務内容について

・入社後のキャリアを教えてください。

信号機会社で仕様書修正と独自ツールを用いてのテスターとして参画しました。
現在は書店の海外向けECサイトを運用保守をしています

・現在の仕事内容を教えてください。

書店のECサイトを運用保守しています。
サイトの改善修正をプログラムしたり、不整合なデータ修正などをおこなっています。

・その仕事(職種)を選んだ理由は何ですか?

少ないリソースで社会に大きな影響を出せると考えているからです。

・仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

自分のコードよりもシンプルなコードが存在することが往々にしてあるということです。
どれだけ綺麗に書いたつもりでも直せる箇所があるというのは面白く、同時に難しいと感じます。

・これまでで一番大変だった仕事(プロジェクト)は何ですか?
(上記の質問に対して)どう乗り越え、どんな学びを得ましたか?

海外の大学向けポータルサイトの逐次翻訳です。

高度なIT用語も含まれた逐次翻訳と会議の決定は現実的に難しかったため、その場では決定しない方針をリーダーへ提案しました。
のちに録音したものを聞きながら正しい意思決定をメールで送信する旨を伝え、その後の会議はテキストベースで進めるように提案しました。
お互いの会議の時間も短縮できたので結果としてはwinwinとなる結果となりました。
問題解決のためには、「格好が悪くても自分の力量にあった手段をとる」ことを学びました。

・お客様(仲間)との忘れられないエピソードはありますか?

業務で躓いていた時、社長や部長自らミーティングを開いていただき、アドバイスなどをもらいました。

・これから挑戦してみたい仕事は何ですか?

設計などやってみたいです。

・今はどんなことに力を入れていますか?

Linuxを学習に力を入れています。

・これからどんなキャリアを築いていきたいですか?

コーディングから設計まで出来る様になりたいです。

プライベートについて

・プライベートはどのように過ごしていますか?

よく走ったり泳いだりしています。

・趣味など、社外での活動で注力していることはありますか?

走ることです。実業団に所属している友人と走ったりもしてます。

・個人として大切にしている考え方はありますか?

出来る事と出来ない事のギリギリに挑む事です。

・プライベートでの今後の展望を教えてください。

10,000m自己ベストを更新したいです。

TOP
TOP